2012年5月22日火曜日

壁に設置する本置き棚を作ってます。

アンティークショップでL字金具を買い、
棚部分の板はステイン数種を重ねて
木の壁に合うように、落ち着いた色に。

収納と本棚が無い故、
思った以上に重宝しそうな棚。


まだ一つ取り付けただけですが、

壁中棚だらけにしたい欲が悶々と広がる一日。

2012年5月16日水曜日

好奇心の森へ






















下北沢でお友達のイラストレーター橋本洋美ちゃんの展示を観た後
下北散策をしている時に見つけたお店

 「好奇心の森 DARWIN ROOM」さん。


石・貝・種・昆虫などの標本や研究生活に便利な道具などがぎっしり・・・!!

気になったのは、西表島の「植物の種」標本漂着種子標本
閉じ込められた自然物は時が止まったまま、生き続けている様。


拡大レンズがふたについたクリアケースなどもあった。




ふと手に取ったのは、

 【学習用拡大レンズ/スーパー・ミニ・ルーペ】


しげしげと眺めていると、お店の方が使い方を教えて下さいました。

手元にあった昆虫キーホルダーを差し出し、みてごらん  と。




わぁ、お腹にいっぱい毛が生えていますね!!!



最近、昆虫の超拡大写真集みたいなものがありますが
あのくらいしっかり見えました。


イチゴのつぶつぶの様な模様が美しいピンクの貝も見ました。


「いつも首にかけて外の草木を観察すると面白いのよ」と^^







ヴンダーカンマーのように、不思議が取り集められたものが好きな方には
たまらない空間だと思います。



その空間にある窓際で
おいしいコーヒーをいただくこともできるそうで、

時間がある時に、こっそりまた訪れよう。

物語の途中で
























お友達のイラストレーター  橋本洋美ちゃんが、
ミニ個展を開催中です^^


今回は新作も多数あり、
静かに広がる小さな物語の世界を堪能できます。



洋美ちゃんの絵の中には独特の雰囲気を纏った主人公がいろいろ登場します。

何気なく落ちている ○○でさえ、
後に必要なものになってしまうんですから・・・ ^^



素敵な世界観を、ぜひお楽しみください♪



**********************************

橋本洋美 個展 物語の途中で

会 期 2012年5月14日(月)〜20日(日) ※水曜定休日
時 間 12:00-20:00 最終日12:00-18:00

会 場 アクチュアル・プルーフ下北沢店内 
下北駅前ギャラリー
住 所  〒155-0031東京都世田谷区北沢2-10-8
ユナイテッドビル2F
電 話 03-6426-2461

CDショップを髣髴させるアーティストグッズショップ 
アクチュアル・プルーフ下北沢。店内の一角にある
ギャラリースペース「下北駅前ギャラリー」にて、
展示を開催いたします。畳1、2畳ほどの小さな
スペースでの展示となりますが、こじんまりとした
素敵な世界をお楽しみください。

 **********************************

永遠の永遠の永遠

草間彌生先生の 永遠の永遠の永遠 を観に行きました。























入口に、巨大彫刻出現。

木々のグリーン
建物のグレー

そしてこの  レッド×水玉です。























展示室へ向かう途中の窓に水玉。

水玉の外に広がる、日常。

日常の中にちらばる、水玉。

水玉を横切る、人々。
























いきなり現れた 【黄色いカボチャ】

色と模様からは危険を察知しそうなのに

その曲線と、どっしりとした大きさに
安心感を覚えてしまった。

























【チューリップに愛をこめて、永遠に祈る】

ここでは自分は水玉の空間の一部になっている。



















自分が水玉で無いのが、何故か恥ずかしい。





























1F〜3F吹き抜けの空間に

10m巨大バルーン【やよいちゃん】


やよいちゃんの下ではDVD鑑賞。
























【明日咲く花】

 エントランスにも、彫刻が並びます。



********


今までしっかりと草間先生の作品を観たことがありませんでした。

書籍や雑誌でも絵画より彫刻を観る機会が多く、


大きな作品の、そのパワーに
戸惑ってしまった場面もありました。






知ることの無い強い世界に
見覚えのある懐かしいような形が、ふと描かれています。

人や犬、コーヒーカップや靴、メガネや花瓶・・・



そこから感じたのは、

細胞の記憶。



自分が小さな細胞の一部になって、
その記憶された景色を眺めている・・・

そんな気持ちになりました。



細胞の中のひとつように、小さな、小さな自分。









展示の途中に、【魂の灯】という部屋がありました。



そこには、永遠の永遠の永遠が広がっていました。



赤や黄色、緑や青に光る無数の玉が中に浮かんでいて

奥へ奥へ、ずっと奥へ導かれるようにつながっていました。



うっすら浮かんだ涙で目がぼんやり霞んで、

宇宙なのか 記憶の中なのか 幻の世界なのか

わからないくらい、美しかった。



























2012年5月15日火曜日

テヅクリ*マトボン


























ミニ蛇腹マト本
10センチほどの、小さな手製本です。


ここ何年か前から、紙でつくるものに関してもどこか素材感を出したくて
木板やワックスコード、ウッドビーズなどを愛用しています。

手製本したのは・・・
3年前の本のムシ展以来なのかな!? ご無沙汰してしまった。

























開くとこんな感じです。

立てて置いた時に本物のマトリョーシカと同じ印象になったら
可愛いかなと思っていたので、イメージ通りにいったかな。

























ちょっと画像が荒いですが・・・

表紙部分の木には窓を開けて、中のマトちゃんが覗いているような感じです。

角を取ったり、色を塗ったり、張り合わせたり・・・
乾燥させて、仕上げにニスを塗る。

いろいろな作業があり、案外根気がいるんですが
形になった時に うん!やっぱりいいな〜 と思っちゃいます。

窓枠には、おなじみ金模様を描き
タイトル部分は用紙を焦がして貼付けました。




これは・・・大量生産には、超不向き。



でも・・・このテマヒマ具合が、好き。

2012年5月14日月曜日

ありがとうございます*

デザインフェスタにて、ehon-ehon.comブースに
いらして下さったみなさま、どうもありがとうございました。

今回も多くの方に
お好きな絵本を自由に手に取ってみていただけて、良かったです^^

その反応を見ることができるのは、やはり会場にいるから
ダイレクトに伝わって来ると思います。





それから、とっても嬉しいことが!

初日のオープンしてすぐに、ブースにいらして
ta-nyaの手製本を見て下さるお客様がいらっしゃいました。


ちょっとドキドキしながら話しかけると・・・





いつもta-nyaマトをご購入して下さるお客様だったのです!


じつは、今まで参加していたいろいろなイベントの際にも
一番に会場へ足を運んでいただいていたようで
今回もblogの告知を見て、朝一番で来て下さったとのこと・・・!


そのお客様から

「遠くても、できるだけその場所に行って、手にとって感じて購入したいんです」

というお言葉をいただきました。




その時に、なんだかとてもあたたかい気持ちになりました。


それは多分、出来上がったものの商品としての見栄えだけでは無くて
つくっている時に込めている気持ちとか
伝えたい気持ちなどが 届いているのかな と感じたからです。


1点ものでも、大量生産できるものであっても同じように
ものづくりをして行く上でずっと大切にして行きたい気持ちでいます。



短い時間でしたが、会ってお話することができ嬉しかったです。

どうもありがとうございました***

デザフェス堪能♪


こちらがF106,107  ehon-ehon.comブース!

絵本屋さんをイメージしたつくりで
壁面にたくさんの本が並びます。

左端にあるのは豆本ガチャガチャ¥100です。
これがまた、とっても人気!
外人さんもけっこうやってくれて、

「oh~ガチャガチャ!!」と言っていた・・・!























今回は久々に手製本も制作し、販売していただきました。
ミニ蛇腹mato本。



























安友製作所の手縫いクマさん。

古着・古布を使い、ひとつひとつ手作り。
なので、みんな違う表情や形だから
私は20分くらい悩んでました;; 

きっと一緒に帰りたいクマさんに出逢える気がします。























フェルティングニードルで羊毛の動物や人形を制作されている
Studio-Argaliさん。

絵本から抜け出したような作品を心がけている
と、ご紹介にありました。

私も同じ気持ちで自分の作品を制作しているので
ブースを通りかかった瞬間、
その世界観に共鳴して歩み寄って行った気がします。























こんなに愛らしいミケリスさん。

ほら、友達になりたいでしょう。






















たとえば、ひとの仕草であっても、ほんとうに自然なんです。
小さな暮らしをのぞいている感じ。






















小さく光る、きのこ。
こちらのブースには「写真とってください」と。

素敵。

























アリエッティになった気分ですぇ。
























今回のお土産。
久々にポストカードをたくさん買ったのですが、

気づいたら、きのこばっかりでした・・・!























くるみの中に、miniminiベニテングだけちゃん。

mato棚に置くんだ〜^^



安友製作所のクマさんも3ピキ仲良く帰りました。

チェックマさんはキーチェーンがついているので
鍵を探しまくる私にとって、心強い相棒となるでしょう。

























おまけ写真はお昼に食べた、ガパオ。
タイ飯はやっぱり美味しい。

屋台ブースでは 色んな国の料理が食べられるので
毎回迷います。

今回もケバブが人気で、長蛇の列だったー!





この日は徹夜のまま会場に行ったので、帰って来たら
魔女の宅急便のキキのようにうつ伏せでベットに倒れ込んだまま
あっという間に眠ってしまいました。



2012年5月7日月曜日

今週末はデザインフェスタ!


















今週末 5/12sat 13sun 東京ビックサイトにて開催される
デザインフェスタvol.35 に

絵本をつくるクリエイターの集まり
ehon-ehon.comのメンバーとして参加します!

おなじみのスクエア絵本から
世界に一つの原画絵本
そして今回!手製本したミニ絵本も販売します^^

学園祭のような賑わうイベント、
ehon-ehonブースにもぜひお立ち寄り下さい。


前回出展の様子はコチラ

*********************************************************
以下、ehon-ehon.com blogより詳細のお知らせ↓

日時:2012年5月12日(土) 13日(日) 11:00~19:00
会場:東京ビッグサイト 西ホール
ehon-ehon.com ブースナンバー(F-106,107)

※アクセス
りんかい線 国際展示場駅下車 徒歩7分
ゆりかもめ 国際展示場正門駅下車 徒歩3分
※チケット
一日券¥1,000 両日券¥1,800 (小学生以下無料)
お得な前売り券有り

ehon-ehon.com出展内容
●世界に一つ原画絵本
●スクエア絵本
●オリジナル手製本
●豆本ガチャポン
●ペーパーステーショナリー
*********************************************************



















その、手製本を久々に制作している訳です。

まだまだ、小さな作業の積み重ねが待っていますが
こつこつ、大切に作ろう。


朝からマトズ 、紙もの制作。
上手くいくかなぁ。


午後からは仕事再開しなきゃ!

2012年5月6日日曜日

木の香さん♪





千葉SOGO  9Fにある、ウッドバーニングと木のお店
木の香さんに行ってきました。
木の香さんではta-nyaのマトリョーシカやポストカードを
取り扱っていただいています

今ちょうどドイツの木工芸品展示を開催していて
店内の配置もガラリと変わっていたようで、
いつもは入ってすぐ見える大きな棚にズラッと
ロシアのマトリョーシカが並んでいるそうです^^

























ところ狭しギュギュッと仲良く並ぶ雑貨たちの中
ta-nyaのポストカードやマトリョーシカもご一緒させていただいていました**

日本の作家さんによる、木の製品もたくさん。
いいなぁ、木 すきだなぁ。

しばし、木の香staffのみなさんとお話もさせていただき
ほっこり和んだひとときでした。
いつもどうもありがとうございます*^u^*
























フロアには木の香さんを始め、手作り系のお店が軒を連ね
横町風のつくりがとっても素敵でした。

革製品・ビーズ・布屋さん・手ぬぐい屋さん・陶器・・・
のんびり素材を探したりワークショップができたり
他のお客様も連休の午後を楽しんでいました***




そのあと、せっかく千葉に来たので・・・

久々にイクスピアリでお買い物をして、
スーパームーンを眺めながら帰りました♪

2012年5月5日土曜日






















べつのものをあつめに来たのに・・・


迷ってしまったね。

2012年5月4日金曜日

egg storyはつづく























今年の連休は雨を良いことに、
ずっと焦がしています。

明日から出かける前に
ひとつでも絵付けしたいと思います。


めずらしい、よこがお。


小さな物語を込めた

たまご達になるのです。

cyakucyakuと

おはなつみ   [16センチ5個組]



















































待ちぼうけしていたマトさん達に
着々と色づけしています。

いい感じです。



春をイメージして明るめの色見になる予定が、
やっぱりシックな雰囲気が好きなんでしょう・・・

でも、今回は16センチと大きいサイズで
お花もたくさん持っているから、いつもよりは明るいかな?
ほっぺもほんのり色づいているタイプです。








今、とっても良い気候ですね。
雨が降っても、まだムシムシしない。



だから・・・?
いつもよりちょっと細かく絵付けして行ってしまいます。

焦がす作業の方が好きなので、
色づけに集中できるのはちょっと嬉しいです。


マトリョーシカを作っている時は
気候や環境に左右されるのも、ちょっといいかな・・・
なんて思ってしまいます。

その時だから、その姿になる理由がある感じがして。
























チラッ・・・

見てる見てる。